校長あいさつ

 

稚内中学校のホームページをご覧いただきどうもありがとうございます。

本校は昭和22年4月に、初代黒澤与衛作校長先生のもと、本校生804名、4分校159名をもって、新制稚内中学校として産声をあげ、過去最大で33学級、全校生徒1524名という隆盛を誇りました。その歴史と伝統は連綿と続き、今まで多数の卒業生を世に送り出し、市内はもとより、全道、全国の各界で活躍しています。

本校が所在する北地区は、かつて稚内の中心地区として栄えていた場所ですが、残念ながら現在では過疎化が進んでいます。しかし、住んでいる方々は古くから地域を愛する思いが深く、さまざまな形で本校の生徒たちと関わり、協力・協働そしてご支援をいただき、その結びつきを強めてきました。

そのような中、生徒たちは「敬愛互譲」の校訓のもと、学習や部活動に一生懸命取り組み、地域の方々に見守られながら未来に向かってはばたこうと日々がんばりを続けています。

また、この歴史ある稚内中学校の校舎も老朽化が進んだことから、令和8年度には改築されることが決まっています。その動きに合わせて「北地区小中学校ありかた検討会」が開催され、稚内中央小学校と併せて「義務教育学校」を目指す方向で話し合いが進められています。

このHPでは、そのような今後の動きも交えながら、基本的には稚内中学校の生徒たちの活躍や輝きをお伝えし、学校の教育活動のようすをみなさんにお届けしたいと思います。

ぜひ、これからのご愛読、ご訪問をよろしくお願いいたします。

 

        令和3年 4月  1日     稚内中学校 校長 藤原 雅宏